Good-bye My Car

廃車手続きで印鑑証明は必要?

廃車手続きで印鑑証明は必要? 廃車手続きを行うには、印鑑証明書は絶対に必要な書類になります。
自動車は動くものですし、中には小型のものもあるので、単に品物を廃却するような感じもしますが、不動産と同じように登録されているものですから、どのようなケースでも廃車に関する本人の意思がきちんと確認できるという意味で必要な書類となります。
業者に委託する場合は、業者に対して手続きを委任したということを証明するため、実印を押印した委任状も用意しますが、法律的には間違いなく本人が委任したということを確認するためにも、印鑑証明書を添付しなければならないことになっています。
なお、その他にも自動車検査証とか、自動車税、自動車取得税申告書などの書類も必要ですが、印鑑証明書の場合は、あまり早く手元に保管しても有効期限というのがあるので、注意が必要になります。
有効期限という点では、3か月以内の発行日付でないと、受け付けてもらえなくなりますので、この点はあらかじめ承知しておくことです。

廃車手続きで印鑑証明が必要になる理由

廃車すなわち車の登録抹消手続には、実印と印鑑証明が必要です。
その理由は、廃車手続を申請する者が本当に手続きする意思があることを確認するためです。
もし、実印と印鑑証明は本人であることを確認する手段として法律上利用されています。
本人が実印を用意し、市町村の役所に印鑑登録を申請すれば、役所が印鑑証明をしてくれます。
印鑑登録をする際には、運転免許証などで本人であることを確認してから登録できるようになっています。
もし、転居などで住所が変わったら、新しく印鑑登録をしなければなりません。
そこで、車に関する手続時に必要となる印鑑証明の有効期限は3か月と定められています。
したがって、手続に実印や印鑑証明が必要なければ、本人が知らないうちに自分の車の名義を書き換えられたり、かってに廃車される恐れがあります。
つまり、本人が廃車する意思があることや住所氏名の照合、申請書や委任状に押された実印を照合し、虚偽の申請を防ぐため、印鑑証明が必要なのです。